インペルダウン ネタバレ・考察・予想

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

投稿日:

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?ワンピースの世界には数知れない犯罪者が存在しています。

ルフィ率いる麦わら海賊団は犯罪どころか人助けをする海賊として有名ですが、この世界ではそんなお人好しばかりが存在するわけではありません。

そんな凶悪犯たちを収監するがインペルダウン

海底にある大監獄で、どんな能力者でも一度入ったら脱獄は殆ど不可能だとされています。

そんなインペルダウンには、まだまだ謎がいっぱい。

実際に、いくつかの矛盾点や不自然な点が発見されています。

モデルは実在する遺跡だった?

LEVEL6より下部が存在する?

など、まだまだ様々な謎が隠されているようです。

今回はそんなインペルダウンの秘密に迫ります。

 

1.ワンピース「インペルダウン」とは?

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

インペルダウンと言えば、海底にある凪の海(カームベルト)に存在し、世界政府が所有している世界一の大監獄であると言う事は有名な話ですね。

海賊や革命家など多くの凶悪犯が収監されていますが、一度捕まったら脱獄はほぼ不可能だと言われており、22年前に金獅子のシキが初めて脱獄をしてからそれっきり。

2年前の頂上戦争が始まる前には、ルフィがインペルダウンに潜入して200人の囚人が脱獄をした経緯もありますが、自ら脱獄を試みたものは金獅子のシキ以外存在していません。

一度捕まった囚人たちは頑丈な手錠と足枷をはめられ、苦しい拷問を受けさせられます。

スポンサーリンク

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

尚、能力者の場合は海楼石が入った手錠と足枷をはめられるため、能力を発動することすら出来ません。

なんでもインペルダウンは、大型の海王類が巣として生息している凪の海(カームベルト)に設置されているため、脱獄をしたとしても逃げ切ることは不可能に近いものです。

では、なぜ海軍はインペルダウンに往来することができるのか?

それは、海楼石を敷き詰めた軍艦を海王類の天敵である毒海蛇に引かせて運航しているため。

スポンサーリンク

ただ、海楼石によって船の気配を消すことはできますが、視覚的に見つかることもあるため、海軍たちの往来も完全に安全という訳ではありません。

インペルダウンへ足を運ぶためには、タライ海流に乗り、海軍によって厳重に警備されている“正義の門”を通過しなければいけないため、囚人たちの仲間が救出を試みた場合も脱獄は難しいケースが多いのも厄介なところ。

それほど厳重に管理されているということですね。

 

2.ワンピース「インペルダウン」は独特な作りになっている

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

インペルダウンは、7層の塔のような構造をしているのが特徴的です。

それぞれの層が“LEVEL1”、“LEVEL2”…というような段階になっており、地下へ進む程囚人の凶悪レベルが高くなっていきます。

凶悪レベルが高いと言う事は、その分地下に進めば進むほど地獄のレベルも上がっていくということ。

因みに、地上にある最上階は、新しく捕まった囚人の洗礼や身体検査を行うフロアになります。

インペルダウンの階層は以下の通りです。

 

①LEVEL1「紅蓮地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

刃物のように鋭く凶暴な植物が一面に生えているフロア。

LEVEL1に解き放たれた囚人たちは、毒蜘蛛や獄卒たちから逃げ回らなければいけません。

スポンサーリンク

刃物のような植物がそこら中に生えているため、身動きをとればもちろん激痛に襲われます。

フロア内はこれまでLEVEL1に解き放たれた囚人たちの血によって紅蓮のように真っ赤に染まってることから、「紅蓮地獄」と呼ばれています。

 

②LEVEL2「猛獣地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

希少種や突然変異種など、普通の世界には存在しないような猛獣達が大量に野放しにされているフロア。

この猛獣達は凶暴でハイレベルな戦闘力を持ちながら、尚且つ人間を捕食対象としているため、捕まってしまった場合は骨を残すことなく食い尽くされてしまいます。

 

③LEVEL3「飢餓地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

高温にさらされ、まるで砂漠のようにカラカラに乾いたフロア。

フロアにいるだけで拷問になる、まさに地獄と言えるフロアです。

懸賞金5000万ベリー以上の海賊が収監されており、フロア名の通り、水や食料はほんの少量しか与えられません。

 

④LEVEL4「焦熱地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

LEVEL3よりもさらに上回る超高熱のフロア。

例えるなら、そこは煮えたぎった釜。

下部には煮え滾る血の池と燃え盛る火の海が広がっています。

 

⑤LEVEL5「極寒地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

LEVEL3や4とは真反対の極寒フロア。

フロア全体が氷漬けになっており、そこはまるで冷蔵庫。

囚人服一枚のままこの寒さに耐え続ければ行けません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

与えられた食料も凍ってしまうため、生き延びるのも一苦労。

実際に、冷気に耐え切れず凍死してしまう囚人も少なくありません。

 

⑥LEVEL5.5「ニューカマーランド」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

過去に収監されていた元囚人がLEVEL5のフロアとLEVEL6のフロアの間に作って、囚人たち唯一の天国。

遥か昔に収監されていた穴掘りの能力者が作り上げたそう。

飲食物に限ず、衣類などは囚人たちの私物管理場所や看守室から盗んでいるため、何の不自由もない言わば囚人たちの楽園。

2年前まではイワンコフがこのニューカマーランドを仕切っており、2年後の現在はボン・クレーが新仕切り役となっています。

 

⑦LEVEL6「無間地獄」

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

フロア名の通り、世間に存在が公表されていないフロア。

LEVEL1~5には収まらないほど凶悪性のある者たちが収監されています。

あまりの凶悪性の高さから、「無間地獄」にいる囚人たちは世間では存在を揉み消されているのだそう。

このフロアでは拷問などは行われないのが特徴。

ただ無限に闇が広がり、辺りには何もなく死にたくなるほどの退屈が待ち受けているのだそう。

 

2.ワンピース「インペルダウン」の謎を解く

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

作中に“インペルダウン編”のエピソードがあるほど、ワンピースには馴染みのあるインペルダウン。

一体、インペルダウンにはどんな謎が隠されているのでしょうか?

 

①インペルダウンはなぜ海底に作られたのか?考えられる矛盾点

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

冒頭でも解説しましたが、インペルダウンは海底の凪の海(カームベルト)に設置されています。

なぜ、世界政府は世界一の大監獄を海底に設置したのでしょうか?

これはおそらく、カナヅチによって泳ぐ事が不可能な悪魔の実の能力者に対して有効にするためでしょう。

悪魔の実の能力者ではない場合も、ここまで海の奥底に監獄を作れば、泳いで逃げることは不可能ですね。

更にインペルダウンが設置されている凪の帯は多くの海王類が生息しているため、脱獄できたとしても生きて帰れるような場所ではありません。

スポンサーリンク

ここの部分が、矛盾点のひとつ。

海王類の生息地にインペルダウンを設置したということは、場合によってはインペルダウン自体が海王類の攻撃にさらされる危険性があるということになります。

海王類からの攻撃は少し大げさかもしれませんが、インペルダウンの近くで生息しているのですから、誤ってインペルダウンに激突してしまうということも考えられます。

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

インペルダウン自体が海王類に襲われてしまっては、職員たちも身の危険にさらされてしまいますしね。

そもそもインペルダウンを設置したときは、どのように設置したのでしょうか?

良くもまぁ海王類から攻撃を受けることなく、無事にこのような立派な大監獄を作ることができたとは思いませんか?

対策として、“海楼石を大量に利用すること”が考えられますが、インペルダウンの中でルフィやクロコダイルが能力を使っている描写が作中でもされているので、矛盾しています。

そもそも副署長のマゼランですら悪魔の実の能力者なので、インペルダウン全体が海楼石であるということは考えにくいです。

海楼石でインペルダウンの外壁を覆うだの、インペルダウン付近に大量の海楼石を設置するだの、色々な策や方法は考えられますが、そこまで大量の海楼石を持ってくるのは難しいでしょう。

このように、インペルダウンの構造には少し矛盾点が存在しています。

上記のことを踏まえると、海楼石とは別に世界政府の対策が練られているのもおかしくない話ですね。

例えば、インペルダウン自体から海王類が嫌う電波を発信している、という可能性も考えられます。

 

②インペルダウンは元々“島”だった?

上記では、海王類が生息する凪の海内にインペルダウンをどうやって設置したのか?

という疑問について少し触れましたが、もしかするとインペルダウンは元々“島”だったのではないか?

という描写が作中でされていることが分かりました。

まず気になるのが、バギーが捕まったあと、海賊団の残党とアルビダがバギーを助けるために“永久指針”を使用してインペルダウンの近くまで来ていた点です。

永久指針”と言えば、113話のイガラムの台詞でこんな説明がされています。

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

「一度記憶させた島の磁力を決して忘れず たとえどこえ行こうとも永久にその島のみを指し続けるのが この『永久指針』。」

バギー海賊団の残党が使用していた永久指針は紛れもなくインペルダウンから発せられる磁気を指していたもの。

そして、イガラムの台詞で注目して欲しい点が“島”という言葉です。

つまり、世界政府は凪の海に直接大監獄を作ったのではなく、凪の海に“元々あった島”を大監獄のインペルダウンとして利用しているのではないかと予想しています。

刃物のような植物が存在していたり、高温だったり極寒だったり、確かに人間の力では作りえないフロアの構造です。

これが元々の島の自然の力なのであれば、色々な世界観が存在するワンピースであればあり得る話ですよね。

 

③インペルダウンの各フロアは元々“遺跡”だった?

インペルダウンは元々“島”だったのではないか?

ということについては上記にて解説していきましたが、“島”というだけではなく、更には島にあった“遺跡”をインペルダウンとして利用しているのではないかと予想しています。

その伏線がされているコマがこちら。

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

LEVEL3フロアの説明がされているシーンなのですが、このコマにポーネグリフのようなものが映りこんでいます。

ポーネグリフとは、“歴史の本文”と称されている世界各地に設置された石碑。

古代文字による歴史文ですが、解読することは法で禁じられており、破った者は“死刑”と重い刑に処されます。

そんなものがインペルダウンに存在している…。

だとすると、世界政府がこれを置いたままにしているはずがありません。

それなのに世界政府がこのポーネグリフらしきものに触れることがない。

と言う事は、世界政府もインペルダウンの囚人たちもこれがポーネグリフだと気付いていないのでしょう。

100%ポーネグリフであるということは言い切れませんが、画像を見る限り古代文字であることに間違いはありません。

つまり、LEVEL3フロアでは、インペルダウンと化した元の島の文化が少し見えているということになります。

もしLEVEL3フロアが遺跡だとしたら、他のフロアも遺跡である可能性が高いでしょう。

 

④インペルダウンはモデルは実在する遺跡だった?

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

ここまでで、インペルダウンが“島”“遺跡”である可能性が高い事を予想していきましたが、そんな中でインペルダウンは実在するある遺跡がモデルになっているのではないか?

という予想をすることができます。

それは、“ピラミッド”です。

ここで、インペルダウンの監獄署長であるハンニャバルの見た目を思い出してみましょう。

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

どこからどう見てもピラミッドのそばに設置されているスフィンクスをモデルにしたような見た目をしています(笑)

因みに、ピラミッドもインペルダウンと同じように地下深くまで部屋(フロア)が存在しています。

そして、ピラミッドの中心に位置する“王の間”はびっくりするほどインペルダウンと作りが一致しているのです。

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

このような伏線を考えると、インペルダウンは実在する遺跡“ピラミッド”をモデルにしているのではないかということが考えられます。

 

⑤インペルダウンにはLEVEL6より下部が存在する?

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

上記でも、LEVEL6は世間に公表されていないフロアであることをお伝えしました。

筆者は、LEVEL6より下部のフロアが存在するのではないか?

と予想しています。

実際に囚人たちが作ったLEVEL5.5の存在を世界政府は知らなかっという事実がありますし、まだ解明できない謎がインペルダウンにはたくさんあるからです。

仮にLEVEL7やLEVEL8があるとしたら、存在を揉み消されるLEVEL6よりもはるかに凶悪レベルが高い囚人を収監しているのでしょうか。

もしかすると、ロジャーなんか入っているのかもしれませんね。

 

3.まとめ

【ワンピース】インペルダウンの秘密!モデルは実在する遺跡だった?

まだまだ謎が多いインペルダウン。

これから物語が進んでいくにつれて、どんどん凶悪な敵が現れて行くことが予想されます。

それと同時に、インペルダウンの謎も徐々に解明されていくに違いありません。

これからのワンピースにも、乞うご期待です!

 

引き続き、「ワンピース ネタバレ」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-インペルダウン, ネタバレ・考察・予想

Copyright© 【ワンピース】ネタバレ注意!今後の予想・考察を大公開しちゃいます , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.